伊紙、首位ユーヴェ戦で先発の本田に低評価「パフォーマンスは不十分だった」

4月10日(日)13時59分 サッカーキング

ユヴェントス戦に出場したミランの本田圭佑(左) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第32節が9日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはホームでユヴェントスと対戦し、1−2と逆転負けを喫した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。2試合ぶりに先発メンバーに名を連ね、74分までプレーした本田には「5.5」と、及第点を下回る評価が与えられた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「『もしユーヴェに敗れれば監督でも他の選手たちのせいでもなく自分の責任』と試合前に話していた。おそらくそうではないにしろ、パフォーマンスは十分ではなかった。1−1の同点とされる前には容易に自分のボールにできたのだが、ボールを流してタッチラインを割らせてしまい、その後の攻撃で失点を喫している」と、敗戦が本田ひとりの責任ではないとしつつ、失点につながるミスがあったと指摘している。

 なお、ミランの最高点は元ブラジル代表DFアレックスの「6.5」、最低点はコロンビア代表FWカルロス・バッカの「4.5」となった。また両チーム通じての最高点はユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンで「8.5」の高評価を得た。

 ミランは次節、17日に敵地でサンプドリアと対戦する。

サッカーキング

パフォーマンスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ