桜花賞 伏兵馬の素質が本番で開花することも

4月10日(日)7時0分 NEWSポストセブン

 3歳クラシックの第1弾・桜花賞が近づいてきた。牝馬三冠のひとつめである桜花賞には、わずか18頭しかゲートインできない。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、生涯で一度しか出られない桜花賞の難しさと角居厩舎にとっての課題について解説する。


 * * *

 桜花賞。名のとおり雰囲気も華やかで、桜の開花と同じようにファンが待ち望むレースでしょう。阪神のマイル戦は好きなコース。しっかりと力比べができるところがいい。陣営としてはぜひとも勝ちたいところですが、角居厩舎は一度もこのレースを勝っていません。オークス、秋華賞は制しているのに、です。


 2007年のウオッカ。後にダービーを勝った馬ですら桜花賞は2着。2005年のシーザリオも惜しい2着。6戦5勝、日米オークス勝利の戦績ですが、唯一の敗戦が桜花賞です。2008年のトールポピーも1番人気に推されながら8着。桜花賞、なかなか一筋縄にはいきません。


 牝馬3歳の春はとてもデリケートです。フケ(発情)の出る時で、体調管理が難しい。手入れをしていると人間のほうに体をぐっと押しつけてきたり。排尿のポーズをしたり。でもこれはこれで、健康に育っている証拠なんです。


 ただし、鞍上が馬の腰元あたりに触れると、過剰反応してスタートが遅れたりすることがある。体調を安定させるための工夫が要ります。


 フケを早めに促します。1月2月の寒い段階から、夜でも白熱灯で馬房を明るくし、暖かくする。フケは排卵と密接に関わっていて、馬はそれを日照時間の長さで認知する。「あら、春が近いのね」と感じる。フケの時期を前倒しすることで、桜が咲く季節になれば気持ちもいくぶん落ち着くというわけです。毛並みも良くなり、馬体も美しくなります。


 それでも牝馬はやはり調子の維持が難しく、自信を持って送り出せる状態になりにくいのが実情です。この時期の牝馬の体調事情はどの厩舎も同じです。態勢が整わず、有力馬が直前で回避することもめずらしくありません。


 生涯ただ一度しか出られない晴れ舞台だけに、運も必要です。ウオッカにはダイワスカーレット、シーザリオには次のレースでNHKマイルカップをも制したラインクラフトというとびきり強い同級生がいました。また、育ち盛りなだけに、それまで伏兵扱いだった馬の素質が本番で開花するということもある。


「GIはあくまでも勝つためのレース」がウチの信念。ウオッカで勝てなかったのだから、よほどの仕上がりじゃなければ、という思いもあります。体が安定してくる秋、秋華賞などに出られるならば、春は焦らずじっくりと。これも一つの判断です。


 とは思っていても、桜花賞には魅力があります。牝馬を繁殖に戻すのであれば、やはり桜花賞の金看板を背負わせて返したい。


 難しいからこそ、獲りたくなる。ウオッカやシーザリオを繁殖に送り出すときに積み残した課題です。まだまだ、角居厩舎にはやることがあります。


■すみい・かつひこ 1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後14年 で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。競 馬の他、引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者競馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラ キシス、サンビスタなど。


※週刊ポスト2016年4月15日号

NEWSポストセブン

「桜花賞」をもっと詳しく

「桜花賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ