フルミネンセ、元J得点王の39歳マグノ・アウベスに食指

4月11日(土)16時14分 フットボールチャンネル

 Jリーグで多大な功績を残したFWマグノ・アウベスが、40代を目前にして母国の1部リーグ復帰を果たすかもしれない。

 ブラジルメディア『ESPN.com.br』によれば、フルミネンセは、ポルトからローンで加入していたFWワウテルがアトレチコ・パラナエンセに移籍するため、同選手の後釜に1998年から2002年まで同クラブでプレーし、現在2部のセアラに所属するマグノ・アウベスの獲得を目指しているという。

 マグノ・アウベスは、2004年に大分トリニータに加入し、2年連続の二桁得点を記録。2006年にガンバ大阪に移ると、移籍初年度に26ゴールをマークし、Jリーグ得点王を獲得する。2008年にカタールでも得点王に輝くと、2010年に母国へ帰還した。

 39歳の元ブラジル代表は、現在も年間50試合以上に先発出場し、昨季はブラジル全国選手権2部8位に終わったチームに所属しながら18ゴールを挙げ、リーグ得点王を獲得した。

 この件についてフルミネンセのマリオ・ビッテンコート副会長は「マグノ・アウベスは以前も我々のクラブでプレーしており、当時は皆のアイドルだった。彼はあの年齢になっても怪我することなく高いレベルを維持し続けている。スカウトも彼のプレーには驚いており、契約交渉がうまく進むことを望んでいる」とコメントした。

 マグノ・アウベスとセアラとの契約は2016年までとなっており、もしフルミネンセに移籍すれば、FWフレッジと先発の座を争うことになる。

フットボールチャンネル

得点王をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ