浦和GK西川「攻めてる時のリスクマネジメントはしっかりしないといけない」

4月11日(土)19時0分 フットボールチャンネル

 浦和レッズは11日、明治安田生命J1リーグ1stステージ第5節・川崎フロンターレ戦に向けて前日練習を行った。

 練習終了後、川崎の印象について聞かれたGK西川周作は「相手のことは考えてなかったです」と話し、自分たちが何をすべきかが重要だと明かした。

「北京国安戦の前半、球際で行けてない部分があった。そういうところで、自分たちの良さを出せるか出せないかで決まってくると思う」と、直近の試合から得た反省点を口にする。

 また「川崎はブロックを作って守ってくるので、攻めてる時のリスクマネジメントはしっかりしないといけない」と語る。攻撃時も守備に気を配りつつ、カウンターを受けても対応できるよう準備していくつもりだ。

 そのためにも最後尾から西川のコーチングも大事になるが「ディフェンスラインとサイドのコミュニケーションは取れてますし、それを続けていければ、相手のカウンターを防げると思う」と、手応えを見せた。

 浦和はここまで、リーグ戦で喫した失点は1点のみ。西川を中心とした守備陣の踏ん張りと、チーム全体のリスク管理の賜物だろう。今節、リーグ屈指の攻撃力を誇る川崎に対し、これまでのような堅守を見せることができるだろうか。

フットボールチャンネル

「浦和レッズ」をもっと詳しく

「浦和レッズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ