10人が控え選手! PSG、CL大一番に向け大胆なターンオーバーを披露

4月11日(月)20時1分 フットボールチャンネル

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・シティ戦2ndレグを現地時間12日に控えるパリ・サンジェルマン(PSG)が、大胆なターンオーバーを敢行している。

 フランス・リーグアン第33節、PSGはアウェイでEAギャンガンを0-2で撃破。先週のミッドウィークCLのシティ戦に出場し、EAギャンガン戦のピッチに立った選手はGKケヴィン・トラップのみだった。フランス紙『レキップ』は9日、ギャンガン戦の勝利を「二重の勝利」と伝えている。

 現地時間6日に行われたCL準々決勝1stレグでは、ホームで迎えたPSGがシティにアウェイゴールを2点も奪われる2-2の痛恨のドローに終わっていた。

 FWズラタン・イブラヒモビッチなどの主力10人はベンチ外にもなっており、完全休養が与えられたようだ。チーム創設1970年以来、初のCLベスト4入りに向け、リフレッシュした状態でシティと決戦を迎えられそうだ。

フットボールチャンネル

「フランス」をもっと詳しく

「フランス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ