香川、CLモナコ戦先発へ。3年ぶり8強進出のドルト、攻撃的な展開で輝ける人材

4月11日(火)11時6分 フットボールチャンネル

似た者同士のドルトムントとモナコ。フランス代表監督も注目の一戦に

 ドルトムントは現地時間11日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでモナコをホームに迎える。バイエルン戦は大事をとって欠場した香川真司だが、トーマス・トゥヘル監督は「確実に計算にいれている」と述べるように、先発に復帰しそうだ。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

———————————–

 CLで輝けるか。2017年4月11日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、ボルシア・ドルトムントはホームにASモナコを迎える。

 他会場のユベントス対バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリーといったカードに比べれば、華はないかもしれない。しかしドルトムントからすれば、このモナコ戦が今季のハイライトであり、“決戦”であることに変わりはない。ドルトムントがベスト8を戦うのは、2013/14シーズン以来3季ぶりのことになる。

 10日付の『キッカー』誌に寄せたコラムの中で、フランス代表監督ディディエ・デシャンは「攻撃的なスペクタクルを期待している」と記している。

 準々決勝で行われる4つの試合の中で、デシャンが最も関心を寄せるカードは、何よりドルトムント対モナコなのだそうだ。理由は両クラブには“共通点”があるから。モナコも14/15シーズン以来と久々のベスト8進出である。そして両チームともに若く攻撃力のある選手を揃えており、FWに“クオリティの高い個”が居座っている。

 モナコであれば“老兵”ファルカオと“新星”キリヤン・ムバッペ。ドルトムントであればお馴染みのピエール=エメリク・オーバメヤン、ウスマヌ・デンベレ、そしてマルコ・ロイスだ。デシャンはドルトムントを「BVBはどんな場合でも危険な対戦相手だ」と評している。つまりデシャンから見れば、ドルトムント対モナコの一戦は、攻撃面に特徴のある“似た者同士の対戦”なのだ。

香川は先発復帰か。指揮官も「確実に計算にいれている」と言及

 気になるドルトムントの人員状況だが、10日の前日会見でトーマス・トゥヘル監督が語るところによれば、香川真司は戦列に復帰する。

「ユリアン・バイグルとシンジ・カガワについては、確実に計算にいれている。ルーカス・ピシュチェクについても同様だ」

 8日はミュンヘンに遠征せず、ドルトムントに残って調整を続けたバイグルと香川。現在のドルトムントにおけるキー・プレイヤーが、モナコ戦で戻って来る。デシャンも名指ししたロイスについては、トレーニングには復帰しているが、様子を見なければならないとのことだ。

 大事を取ってバイエルン戦を欠場したこと、その試合後にトゥヘルが復帰を望んでいたことも考えれば、モナコ戦で香川は先発なのではないだろうか。バイエルン戦でカストロが前半だけで負傷交代したことも踏まえれば、なおのことである。

 となると、求められるのは、4日のハンブルガーSV戦で見せたような“輝き”となる。デシャンだけでなく、トゥヘルも「明日はとてもオープンで攻撃的な試合になる」と予想するモナコ戦。であれば、バイタルエリアで香川が活きるスペースを見出すこともできるだろう。CLの大舞台でも、アシスト、そしてゴールを期待したいところだ。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

フットボールチャンネル

「モナコ」をもっと詳しく

「モナコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ