巨人、6回に6失点も…マギー&亀井&重信の3連続適時打ですぐに同点

4月11日(火)20時59分 フルカウント

6回に逆転許すも、直後の攻撃であっという間に追いつく

 巨人が11日の広島戦で6回に3点を返し、すぐさま同点に追いついた。

 3点リードの6回表に6失点を喫し、逆転を許した巨人。しかし、6回裏に2番手ヘーゲンズから坂本勇がレフト前ヒットで出塁すると、阿部は四球。マギーがレフトへのタイムリーを放ち、1点を返した。

 長野の代打・亀井はライトへのタイムリーで1点差。さらに、重信がレフト前に運び、あっという間に同点に追いついた。

 この日登録されたヘーゲンズは1死も取れずに降板。巨人はなおも無死一、二塁のチャンスも、小林はバント失敗。脇谷は空振り三振に倒れた。5回に2ランを放っていた中井は痛烈なライナーも三塁正面。勝ち越すことはできなかった。

フルカウント

巨人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ