広島、首位攻防第1R制して8連勝! 菊池が今季1号含む5安打3打点の大暴れ

4月11日(火)22時4分 フルカウント

打線が中盤以降に爆発、巨人は拙守もありエース菅野が踏ん張れず…

 広島が11日、巨人との首位攻防戦第1ラウンドを9-6で制し、引き分けを挟んで8連勝とした。菊池涼介内野手が1号2ランを含む5安打3打点の大暴れ。代打で途中出場の小窪哲也内野手も3打点を挙げた。3点を先制されながら、6回に一挙6点を奪うなど打線が中盤以降に爆発し、熱投を制した。巨人は守備のミスなどもあってエース菅野が踏ん張りきれず、2連敗となった。

 巨人は3回、広島・安部のエラーで1点を先制。5回には中井の2ランが飛び出し、3-0となった。

 しかし、広島打線が6回に菅野をつかまえる。プロ初の4番で先発した先頭の鈴木がレフト前ヒットで出塁。1死一塁から安部は一ゴロも、捕球した巨人・阿部が走者を気にしてもたつく間に鈴木が生還。野選で1点を返した。石原の代打・新井は三ゴロも、2死二、三塁となると、先発・野村の代打・小窪がライト頭上を襲う2点三塁打。同点とした。

 続く田中は四球で2死一、三塁として、菅野をマウンドから引きずり下ろす。そして、菊池は巨人2番手・谷岡の初球をセンター前に運ぶタイムリー。さらに、丸が四球を選んで満塁とし、4番・鈴木は粘って8球目を右中間へ運ぶ。2点二塁打でさらに2得点。この回一挙6得点で試合をひっくり返した。

 その裏に2番手ヘーゲンズがつかまり、3失点ですぐに同点とされる。それでも、ピンチで登板した中田が好救援で勝ち越しを許さない。すると、直後の7回。1死二塁で小窪が森福から勝ち越しタイムリー。さらに、菊池はレフトスタンド中段への2ランで貴重な追加点をもたらした。菊池は9回は三ゴロに倒れたものの、6打数5安打3打点2得点の大暴れだった。

 広島はその後、薮田、今村とつないでリードを守り、9-6で勝利。開幕戦黒星後は引き分けを挟んで8連勝と、昨季のリーグ覇者の勢いが止まらない。巨人とのゲーム差は「2」となった。

フルカウント

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ