負傷者続出のバイエルン、ベナティアが肉離れで数週間の離脱に

4月11日(土)4時54分 サッカーキング

レヴァークーゼン戦に出場したベナティア [写真]=VI Images via Getty Images

写真を拡大

 バイエルンは10日、モロッコ代表DFメディ・ベナティアの検査結果を、同クラブ公式HPで発表した。

 ベナティアは8日に行われたDFBポカール準々決勝のレヴァークーゼン戦に先発したものの、34分で負傷交代をしていた。検査の結果、同選手のけがは右太腿裏の肉離れと診断され、復帰まで数週間を要するという。

 シーズン終盤を迎え、バイエルンに負傷者が続出している。レヴァークーゼン戦ではオランダ代表MFアルイェン・ロッベン、オーストリア代表DFダヴィド・アラバ、ドイツ人GKトム・シュターケ、ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー、元フランス代表MFフランク・リベリーが欠場しており、厳しい状態に追い込まれている。

 一方で、3月11日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのシャフタール・ドネツク戦で負傷したリベリーは、ランニングとダッシュを行うほどに回復している模様。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「彼は良くなっている。だが、ポルト戦に間に合うかはまだ分からない」と、15日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝への出場について明かした。

 バイエルンは11日に行われるブンデスリーガ第28節で、日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトをホームに迎えて対戦する。

サッカーキング

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ