【J1・1st第5節予想スタメン 松本vs柏】J1の舞台で堂々の戦いぶりを披露する松本、万全のコンディションで柏撃破に挑む

4月11日(土)19時1分 サッカーキング

J1初参戦ながら堂々の戦いぶりを見せている松本 [写真]=Getty Images

写真を拡大

■松本山雅FC 岩沼、石原が全体練習に復帰

 松本は念願のホーム初白星に向けて準備を万端に整えている。まず浦和に挑んだリーグ戦前節の先発11人に連休を与え、隣県の甲府に当日入りで乗り込んだ中3日のナビスコ杯は全員を総入れ替え。常日頃から「一戦必勝」の姿勢を貫く反町康治監督だが、J1のインテンシティーや今後の連戦などを考慮し、着任4年目にして初めて大胆なターンオーバーに踏み切った。しかも試合は3—1と昇格後初の逆転勝ちを収め、休養十分の主力組に最良の刺激を与えた形。指揮官も「雰囲気は悪くない」とうなずく。

 対する柏は同日、主力を率いてACLのアウェー山東魯能(中国)戦。中3日で再び松本アウェーという日程を勘案すれば、コンディションの比較で松本が有利となるのは自明だ。特に松本が生命線とする運動量については、後半に顕著な差が出る可能性が高い。その展開が予見できるからこそ、前半に耐え切るだけのモチベーションもいっそう湧き出てくるというものだろう。岩沼俊介、石原崇兆と故障者が全体練習に復帰したのも好材料だ。

 とはいえ、柏が格上なことに変わりはない。まず守備から入る松本は、猛威にさらされながらも耐え切れるかどうか。浦和戦は几帳面に引きすぎてミドル一発に沈んだだけに、同じ徹を踏むのも避けたい。さらに柏がメンバーを入れ替えた場合、柔軟に対応できるかは未知数。右足首捻挫を残しながらも前節出場した喜山康平が本調子でないのも気掛かりだ。(長谷川遼介)

■松本予想スタメン
3-4-2-1
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
後藤圭太
酒井隆介
MF
田中隼磨
岩間雄大
喜山康平
岩沼俊介
岩上祐三
池元友樹
FW
オビナ


■柏レイソル 攻撃面は好調も、ディフェンス陣に課題

 ACLの山東魯能戦で、勝ってグループリーグ突破を決め、良い流れで今節を迎えたかった柏。敵地での勝ち点1は結果としては評価できるとしても、内容に関してはここまでのリーグ戦で露呈した課題が依然として修正しきれていないことが明らかになった。

 その課題とは、相手に簡単にサイドのスペースを突かれ、何本もクロスを浴びるということ。そして、リードしているにもかかわらず、不安定な試合運びで簡単に逆転を許すということ。新潟戦、横浜FM戦の逆転負けに続き、ACLの山東魯能戦でも一時は2点のリードを奪いながら、それをひっくり返されるという同じ展開を繰り返した。吉田達磨監督はこれらの課題について、ACLのタイトな日程の影響で「トレーニングで修正する時間が取れない。ミーティングで整理していくほかない」と実情を述べた。

 ただ、ポジティブな面もある。まず、前節出場停止だったアンカーの茨田陽生が、今節はスタメンに復帰する。また、守備面で不安を抱える一方、攻撃面は好調であり、山東魯能戦ではレアンドロ、クリスティアーノ、工藤壮人の3トップが今季初めて3者揃い踏みで得点を挙げた。しかも工藤にとっては、Jリーグ開幕戦以来の得点で、山東魯能戦では得点場面以外でもゴール前に顔を出してチャンスに絡み、チーム自体は結果が伴っていない中で好調さが窺える。攻撃陣が好調なだけに、一刻も早く守備を安定させたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-3-3
GK
菅野孝憲
DF
キム・チャンス
鈴木大輔
エドゥアルド
輪湖直樹
MF
武富孝介
茨田陽生
大谷秀和
FW
工藤壮人
レアンドロ
クリスティアーノ

サッカーキング

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ