首位チェルシー、コンテ監督がマンU戦に意気込み「もっと上を目指さないとね」

4月11日(火)15時40分 サッカーキング

首位を走るチェルシー指揮官アントニオ・コンテ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第32節が4月9日に行われ、首位チェルシーはボーンマスに3−1で勝利した。2位トッテナムとの勝ち点差を「7」のまま残りのリーグ戦6試合に挑むチェルシーのアントニオ・コンテ監督がコメントを残した。クラブ公式サイトが10日に伝えている。

 コンテ監督は「シーズンを通していい内容で戦えている。タイトルへの強い気持ちが伝わってくるよ」とチームの戦いぶりを称賛した。

 そして17日に控えるマンチェスター・ユナイテッドと一戦について「目の前の試合をこなしていくのみ。まずは次の試合、ユナイテッド戦に備えるよ。ここまでいいシーズンを送れているけどもっと上を目指さないとね」と意気込んだ。

 一方で「マンチェスター・ユナイテッドはモチベーションも高く、選手たちに自信もあり、勝利を目指している。間違いなく厳しい一戦になるだろうね。しっかりプレーする必要がある」と慎重な構えも見せた。

 また「(ボーンマス戦2点目のシーンを回想して)エンゴロ(・カンテ)があの場面でああいうプレーが出来るようになれば、さらに上に行ける。エデン(・アザール)も才能がある素晴らしい選手だ。自身でもそのことを理解してほしいね」と名指しで選手を称賛するコメントを残した。

サッカーキング

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ