半年ぶりゴールのチチャリート「想像以上に出場機会が少なかった」

4月12日(日)11時30分 フットボールチャンネル

 リーガ・エスパニョーラの第31節が現地時間11日に行われ、レアル・マドリーはホームでエイバルと対戦して3-0で勝利を収めた。

 半年ぶりにゴールを決めたFWチチャリートことハビエル・エルナンデスは、ミックスゾーンでスペインの複数メディアに「とてもうれしかった。ゴールに取りつかれているわけではないけど、僕のポジションでプレーしている場合は自信を与えてくれる」と、満足感を示した。

 アンチェロッティ監督は記者会見でチチャリートのパフォーマンスを称えたが、同選手は「感謝しているけど彼の言葉によってより良い選手になるわけでもない」と謙遜した。

 チチャリートは自身の少ない出場機会に関して「3-0で勝った時にネガティブな話については言及できない」と語るも「メキシコのTVで言った様に、出場機会が無いとフラストレーションがたまる。どんなサッカー選手でも試合に出ない選手は幸せでいちゃいけない」と述べた。

「マドリーと言うビッグクラブに来ることは分かっていたけど予想以上に少なかった。自信を失くさないために今日の様にフル出場が必要だった」

 なお自身の去就については「今を楽しみ、このまま続けたい。今のところは何も言えない。今僕が求めるのはより多いチャンスだ」と付け加えた。

フットボールチャンネル

リーガ・エスパニョーラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ