中国、代表強化に向け”仰天プラン”を計画。2050年までにサッカー大国目指す

4月12日(火)10時42分 フットボールチャンネル

 中国が2050年までにサッカー大国の仲間入りを目指す計画を建てているようだ。11日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、中国はまず2020年までに子供と大人を合わせてサッカー人口を5000万人とするために、トレーニングセンターを2万カ所に設置し、ピッチを7万カ所作るとのこと。

 そして、2030年までに女子サッカーを世界トップクラスにして、男子サッカーはアジアNo.1の代表に成長させるようだ。2050年には世界に誇るサッカー大国になることを目指している。

 習近平国家主席はサッカー好きとして知られ、中国サッカーの発展を”国策”としているほどだ。

 2002年に1度だけW杯出場は果たしたものの、それ以降は予選敗退が続いている。中国スーパーリーグに数多くの名選手を呼び寄せているが、今後は中国代表の強化にも力を入れていくと考えられるだろう。

フットボールチャンネル

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ