「ハメスには愛情を」。恩師が愛弟子の取り扱いをレアルに伝授

4月12日(火)12時46分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスはやはりチームの中心として扱って初めて本領を発揮できるようだ。11日付け『マルカ』が報じた。

 J・ロドリゲスは、アルゼンチンのバンフィエルドで指揮を執るフリオ・セサル・ファルシオニ監督を恩師として常に名前を挙げている。J・ロドリゲスがバンフィエルドでプレーしていた際にも指揮を執っていたファルシオニ監督は、今季マドリーで本領を発揮できていないJ・ロドリゲスについて語った。

「彼には愛情を注いでやらないといけないんだよ。いいプレーをしたら褒めて、悪いプレーをしたら叱る。そうじゃないとすぐにパフォーマンスを落とすんだ。彼は毎日練習に駆けつけるようなタイプの選手じゃない。自分のプレーには価値があると教えてあげないといけない」

 昨季鳴り物入りでマドリーに加入したJ・ロドリゲスだが、ジネディーヌ・ジダン監督との関係悪化も噂されており、ファーストチョイスではなくなってきている。

 愛弟子の取り扱いをマドリーに伝授したファルシオニ監督だが、J・ロドリゲスはマドリーで愛情を受けてプレーすることはあるのだろうか。

フットボールチャンネル

「恩師」をもっと詳しく

「恩師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ