チェルシー主将、白血病で亡くなった8歳少年のために…葬儀代を自己負担

4月12日(火)10時21分 フットボールチャンネル

 チェルシーに所属するイングランド代表DFジョン・テリーが、同クラブのファンだった少年のために葬儀代を自己負担するようだ。11日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、白血病で亡くなった8歳のトミ・ミラー君の葬儀費用をテリーが自ら負担すると申し出たとのこと。これに対して少年の家族は「非常に誇りに思います」とコメントを残した。

 テリーとミラー君の出会いは去年に遡る。少年にとってテリーはお気に入りの選手で、同選手に会いに行くためスタジアムに訪れた。テリーも快く出迎え、チームメイトとも一緒に写真を撮影するなどした。その後も白血病と闘っていたが、8歳の若さで先月この世を去っている。

 家族の友人がテリーとインスタグラムを通じて連絡を取り合い、最終的にテリーが葬儀費用を申し出るまでに至ったようだ。

 参列者はチェルシーのシャツか少年の地元クラブ(ケンブリッジ・ユナイテッド)のユニフォームを着て、木曜日に葬儀が行われる予定だ。

フットボールチャンネル

「葬儀」をもっと詳しく

「葬儀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ