青木、昨季から14試合連続安打! メジャー自己最多まであと1つ

4月12日(日)12時32分 フルカウント

青木が今季6戦、昨季からは14戦連続安打、自己最多はブルワーズ時代の15試合

 ジャイアンツの青木宣親外野手が11日(日本時間12日)、敵地でのパドレス戦に「1番・レフト」で先発し、8回の第4打席に左腕ガルセスからレフト前ヒットを放った。これで開幕から6試合連続安打、昨季からは14試合連続となり、メジャー自己最多の15試合連続まであと1試合に迫った。

 相手先発は昨季ロイヤルズでチームメートだった右腕ジェームズ・シールズ。それぞれ今季から新天地へと移籍し、これが初対決となった。

 その第1打席はピッチャーゴロ。3回の先頭で迎えた第2打席はショートへのゴロを相手が一塁へ悪送球して出塁。5回の第3打席はピッチャーゴロに倒れた。しかし、ピッチャーが2番手ガルセスに代わり、8回にヒットを放った。

 青木はブルワーズに所属した2012年に15試合連続安打を記録している。

フルカウント

ブルワーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ