「エクストレイル ハイブリッド」日産が発売、20.6km/Lの燃費を実現

4月12日(日)11時0分 J-CASTニュース

20X ハイブリッド "エマージェンシーブレーキパッケージ"

写真を拡大

   日産自動車は2015年5月13日、SUVハイブリッド(HV)車「エクストレイル ハイブリッド」を全国一斉発売する。全国希望小売価格は280万4760円〜324万円。

「エマージェンシーブレーキ」を標準装備


   駆動と発電を1つのモーターで行う、高効率な独自のハイブリッドシステム「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」を搭載。2つあるクラッチの1つでモーターとエンジンを完全に切り離すことで、高速域でのモーター走行や高効率のエネルギー回生を可能にした。高出力で素早い充放電が可能なリチウムイオンバッテリーを備える。


   ハイブリッドシステムに合わせて最適化した2リッター直噴「MR20DD」エンジンは、補機ベルトの廃止や低フリクションオイルシールの採用により、基本性能も向上するなど、システム全体の改善を図った。


   これらにより、JC08モード燃費は、2WDモデルで1リットルあたり20.6キロ、4WDモデルで20.0キロを実現した。


   エクストレイルでは初めて、スマートフォン連携機能を採用した「NissanConnectナビゲーションシステム」を備え、手持ちのスマートフォンのアプリケーションをナビ画面へ表示したり、位置情報をナビの目的地に設定したり、メールの送受信を行ったりできる。また、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」を標準装備とし、安全性を向上させた。

J-CASTニュース

「ハイブリッド」をもっと詳しく

「ハイブリッド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ