FC東京を10年ぶりの首位に導いた武藤「自分がどこに行けば成長できるかを見据えたい」

4月12日(日)23時40分 サッカーキング

FC東京を10年ぶりの首位に導くゴールを挙げた武藤 [写真]=清原茂樹

写真を拡大

 FC東京は12日、明治安田生命J1リーグ1stステージ第5節で湘南と対戦し、1-0で勝利を収めた。首位の浦和が川崎と引き分けたため、2005年第4節以来、10年ぶりに首位に立った。試合は64分に武藤嘉紀がヘディングで今季4点目となる決勝ゴールを決めた。

 日本中の注目を集めた男があらゆる雑音を自らのゴールでかき消した。

 この一週間で日本を代表するストライカーに成長した武藤の周囲は一気に騒がしくなった。6日にプレミアリーグのチェルシーから正式オファーが届いていることを明かすと、翌日には報道陣が小平グランドに大挙押し寄せた。さらには日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が視察に訪れるなど、試合開始前から周囲の視線を一身に浴びていた。

 前節同様、石川直宏と2トップを形成して臨んだ一戦。試合開始のホイッスルが鳴るとピッチの上には、泥臭く守備をして、快足を飛ばしてドリブルをする、いつもどおりの背番号「14」の姿があった。

「プレッシャーは掛かりますけど、自分が決めなくてもいいぐらいの気持ちでいた。自分が前で身体を張って、チームのために動いて、空いたところに誰かが決めてもいい」

 53分には、左サイドの河野広貴からのクロスを森重真人が頭で落とし、武藤がシュートを放つ。このシュートはポストを叩くが、ボールが再び武藤の頭上にくると、ヘディングでゴールネットを揺らした。しかし、これはオフサイドの判定。白熱した一戦の均衡をなかなか破れない。

「今日も試合中にチームのために走って、身体を張っていれば、最後はいいボールがくると思っていた。そうしたら宏介くん(太田)からすばらしいボールがきた」

 冷静に来るべき瞬間を待っていた。64分、右サイドでボールを受けると、中央やや左の河野に素早く展開。自らゴール前に侵入し、日本代表でもチームメイトの太田からのクロスに備えた。2人のDFの間を割って入るように、ボールを叩きつけ、ゴール左に押し込んだ。

 試合後の武藤は、ハリルホジッチ監督の前での“御前弾”にも「代表は関係なく、FC東京のために攻守においてサボらずプレーすることができた。(代表のことは)まったく意識せずに、泥臭くプレーしました」と話した。日本代表監督の視察も、移籍報道も意に介さずという様子だった。

 また、一方で移籍報道については「今、試合が終わって何も考えていないですし、特に結論も出していない。とにかく自分がどこに行けば成長できるかしっかりと見据えていきたいなと思います」と話した。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は「仮にチェルシーにいくことになるとまったく違い技術が必要になってくる。ただ、彼には賢さがある。グラウンドの外では難しさがあるかもしれないが、適応する能力がある」とコメント。この日の活躍も加味して太鼓判を押した。

 チームは武藤の今シーズン4ゴール目を守りきり、開幕からの無敗を継続。浦和と並んで首位に立った。囲み取材が解かれた後にそのことを知らされると「え? 首位なの? 続けて頑張ります」とキリッとした笑顔を見せた。

 チェルシーか、はたまた他国のクラブチームか。結論はまだ明確にしていないが、周囲の雑音をシャットアウトできる武藤ならば、正しい選択ができるに違いない。

サッカーキング

「FC東京」をもっと詳しく

「FC東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ