バルセロナ、2点のリード守れず手痛いドロー…レアルと勝ち点2差に

4月12日(日)10時50分 サッカーキング

ゴールを喜ぶメッシ(左)とネイマール(右)[写真]=Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第31節が11日に行われ、首位バルセロナは敵地でセビージャと対戦した。

 序盤からバルセロナがペースを握る。14分、ネイマールからのスルーパスを受けたリオネル・メッシが左足を振り抜き、ネットに突き刺した。30分には、ペナルティエリア手前左でFKを獲得する。ネイマールが蹴り出したボールは、壁の頭上をふわりと越えてネットに吸い込まれた。バルセロナがリードを2点に広げる。

 しかし、セビージャも反撃を見せる。38分、エベル・バネガが強烈なミドルシュートを叩き込み、1点を返した。

 51分、バルセロナに決定的なチャンスが訪れる。ゴール前、ワンツーで抜け出したアンドレス・イニエスタが相手GKと1対1になるが、シュートは阻まれる。こぼれ球にルイス・スアレスが反応するも、ボールは大きく枠を外れた。

 すると84分、セビージャはホセ・アントニオ・レジェスがハーフウェーライン付近でボールを奪うと右サイドに展開。パスを受けたアレイクス・ビダルがエリア内に侵入すると、逆サイドにクロスを送る。最後はケヴィン・ガメイロが右足で流し込み、土壇場で同点に追いついた。

 試合はこのまま2−2で終了。2位のレアル・マドリードが勝利したため、勝ち点差は2に縮まっている。バルセロナは次節、ホームでバレンシアと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 2−2 セビージャ

【得点者】
1−0 14分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2−0 30分 ネイマール(バルセロナ)
2−1 38分 エベル・バネガ(セビージャ)
2−2 84分 ケヴィン・ガメイロ(セビージャ)

サッカーキング

ネイマールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ