吉田フル出場のサウサンプトン、ペッレの15戦ぶりゴールでハル撃破

4月12日(日)10時50分 サッカーキング

ハル戦で先発フル出場を果たした吉田麻也 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第32節が11日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとハルが対戦した。吉田は先発出場している。

 前節、敵地でエヴァートンに敗れ、3試合ぶりの黒星を喫したサウサンプトン。ヨーロッパリーグ出場権圏内の5位に食い込むためにも勝利が欲しいところだ。

 最初にチャンスを作ったのは、ホームのサウサンプトンだった。20分、中盤からのロングボールを受けたシェーン・ロングがペナルティエリア左に侵入。ワントラップから中央へ折り返すと、相手に当たったこぼれ球をグラツィアーノ・ペッレがダイレクトシュート。しかし、ここはハルのGKスティーヴ・ハーパーに防がれてしまう。結局、両チームともに得点を挙げることは出来ず、0−0で前半を折り返す。

 後半の立ち上がり、ハルも反撃に出る。53分、右サイドを突破したアーメド・エルモハマディがクロスを供給。ソーン・アルコが落としたボールをジェイク・リヴァモアがダイレクトシュートで狙うが、サウサンプトンのGKケルヴィン・デイヴィスがなんとか弾き返した。

 すると56分、途中出場のジェームズ・ワード・プラウズがロングボールに抜け出して、ペナルティエリア右に走りこむと、アレックス・ブルースに倒されてPKを獲得。これを自ら決めてサウサンプトンが先制に成功する。

 直後の60分には、右CKからハルにチャンスが訪れたが、ジェームズ・チェスターのヘディングシュートは、ゴールラインにいたライアン・バートランドがブロックして逃れた。

 ピンチを凌いだサウサンプトンは、81分に巧みなパスワークで攻めこむとモルガン・シュネデルランのお膳立てからペッレがゴールを挙げてリードを2点に広げた。ペッレにとっては第17節のエヴァートン戦以来15試合、約4カ月ぶりの得点となった。

 このまま試合は終了し、サウサンプトンが2−0でハルを下している。なお、吉田はフル出場を果たした。

 次節、サウサンプトンは敵地でストークと対戦する。

【スコア】
サウサンプトン 2−0 ハル

【得点者】
1−0 56分 ジェームズ・ワード・プラウズ(PK)(サウサンプトン)
2−0 81分 グラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)

サッカーキング

「サウサンプトン」をもっと詳しく

「サウサンプトン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ