2部降格危機、大混乱のパレルモ…今季8回目の指揮官交代へ

4月12日(火)12時55分 サッカーキング

パレルモ指揮官に復帰する見通しとなったバッラルディーニ氏 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 パレルモがワルテル・ノヴェッリーノ監督を解任し、ダヴィデ・バッラルディーニ氏を新監督に招へいする見通しとなった。イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が11日に報じた。

 今シーズン、すでに7回もの監督交代を断行しているパレルモ。3月13日の第29節ナポリ戦からノヴェッリーノ監督に指揮権を託し、再建を目指した。しかし、就任から3試合で1分け2敗と低空飛行が続く。そして4月10日のセリエA第32節でラツィオに0−3と完敗を喫したことで、同監督の解任が決まった。今シーズン、実に8回目の監督交代となる。

 指揮4試合で勝ち点1の獲得に終わったノヴェッリーノ監督は「監督の座を解任された。『とても残念でならない』ということしか言えない。選手、サポーター、幹部たちには感謝の言葉を伝えたい」と話している。

 報道によると、後任には、今シーズンのセリエA第13節から第18節までの間に指揮を執っていたダヴィデ・バッラルディーニ氏を復帰させる見通しとなっている。

 パレルモはセリエA第32節終了時点で勝ち点28、2部降格圏内の16位に沈んでいる。次節は17日、首位ユヴェントスとのアウェーゲームを控えている。

サッカーキング

指揮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ