レアル、本拠地でCL逆転突破へ…ジダン監督も自信「何でも起こりうる」

4月12日(火)12時24分 サッカーキング

逆転でのCL準決勝進出を誓うジダン監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードは、12日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでヴォルフスブルクをホームに迎える。ジネディーヌ・ジダン監督が前日会見に臨み、スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 6日に行われたファーストレグでは、敵地でヴォルフスブルクに0−2で敗れたレアル・マドリード。逆転での突破に向けて、ジダン監督は「フットボールでは何でも起こりうる」とコメント。「監督として初めてのビッグゲームを迎えるわけではない。どんな試合でもプレッシャーはあるが、平常心で臨むことが重要だね」と、落ち着いて試合に入ることが大事だと強調した。

 また、同試合でのキープレーヤーにはブラジル人MFカゼミーロを挙げ、「彼は我々に守備のバランスをもたらし、攻撃の時も重要になる」と、攻守のバランスを取ることに期待した。

 最後に「私はサポーターに最後の最後まで応援してもらいたい。なぜなら、彼らには試合の雰囲気を変える力があるとわかっているからね」と話し、準決勝進出に向けてサポーターの力も必要だと明言した。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ