MF橋本拳人、U−23代表生き残りへ猛アピール「良さを最大限に発揮したい」

4月12日(火)23時1分 サッカーキング

橋本は初招集ながら、「ラストチャンス」と強い覚悟を持って合宿に臨む

写真を拡大

「気合いを入れて来たので」。MF橋本拳人(FC東京)が、その言葉通りのプレーを見せた。

 12日、U−23日本代表候補がトレーニングキャンプ2日目の練習を実施。今回が手倉森ジャパン初招集の橋本は、「インパクトのあるプレーを見せつけたいという気持ち」で練習に臨んだ。初日はリカバリー中心のメニューをこなしたが、この日は戦術練習に時間を割き、最後はハーフコートで11対11の紅白戦を行った。橋本は、自分の持ち味である「迫力を持ったボール奪取」と「前に出て行く迫力」を全面に押し出し、シュートを決めるなど存在感を示した。

 所属するFC東京では、ここまでリーグ戦6試合すべてに出場しており、AFCチャンピオンズリーグでも出場機会を得ている。「出ている試合でいいパフォーマンスをしないと(代表には)呼んでもらえないと思っていた。呼ばれた時は、すごくうれしかったです。でも、チームでポジションを確保したわけではないので、しっかりチームでポジションを奪って、もっと見てもらう機会を増やしていきたい」。橋本は現状に満足することなく、さらなる高みを目指す。

 五輪を意識し始めたのは「自分たちの代でメダルを取りたいと思った」と語るロンドン五輪だ。ここまでチャンスがあると思いながらも、なかなか招集されない状況に焦りを感じていた時、「大丈夫だ、焦るな」と声を掛けてくれたのがFC東京のキャプテン・森重真人だった。「今回、『おめでとう』と言ってもらえて素直にうれしかったです」。そう言って、橋本は笑顔を浮かべた。

 ようやくつかんだチャンス。「Jリーグでのプレーを見るのと、呼んでもらってプレーを見てもらうのは違う。自分の良さを最大限に発揮したい」と強い覚悟を示した。キャンプ最終日の13日は清水エスパルスと練習試合を行う。「出場するチャンスがあれば、攻守で存在感を出したい」と橋本が生き残りへのアピールを狙う。

取材・文=高尾太恵子

サッカーキング

「FC東京」をもっと詳しく

「FC東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ