神戸が敵地で横浜FMを下す、広島は茶島のゴールで初勝利/ルヴァン杯B組

4月12日(水)22時35分 サッカーキング

横浜FMを下した神戸 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

写真を拡大

 2017JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節が12日に各地で行われた。

 ヴァンフォーレ甲府がセレッソ大阪をホームに迎えた一戦は、両チームともにチャンスを活かすことができずドロー決着。この結果、甲府は2戦連続の引き分けとなっている。

 敵地に乗り込んだサンフレッチェ広島は30分、森島司からのパスを受けた茶島雄介がダイレクトでシュートを放ち、ボールはゴールネットへ。アルビレックス新潟を相手に先制点を奪うと、広島は最後までこの1点を守り切り、開幕初勝利を飾っている。

 横浜F・マリノスとヴィッセル神戸の試合は17分、神戸の大槻周平がGKをかわしてシュートを放ち得点。アウェイの神戸が先制すると、試合終了間際86分にCKから小林成豪がゴールを挙げてリードを広げる。このまま試合が終了し、神戸が勝ち点「3」を獲得した。

 第3節は26日に行われる

■ルヴァンカップ・グループB第2節
甲府 0−0 C大阪
新潟 0−1 広島
横浜FM 0−2 神戸
※鳥栖は試合なし

■順位(第2節終了時)
1位 C大阪(勝ち点4/得失点差2)
2位 広島(勝ち点4/得失点差1)
3位 神戸(勝ち点3/得失点差2)
4位 甲府(勝ち点2/得失点差0)
5位 鳥栖(勝ち点1/得失点差0)
6位 新潟(勝ち点1/得失点差−1)
7位 横浜FM(勝ち点0/得失点差−4)

■第3節対戦カード(4月26日)
神戸 − 広島
鳥栖 − C大阪
横浜FM − 新潟
※甲府は試合なし

サッカーキング

「ルヴァン杯」をもっと詳しく

「ルヴァン杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ