鹿島に痛手、山本脩斗が左膝後十字靭帯を損傷…約3〜4カ月離脱へ

4月12日(木)18時37分 サッカーキング

約3〜4カ月離脱することになった山本 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 鹿島アントラーズは12日、DF山本脩斗が左膝後十字靭帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月11日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のFC東京戦で負傷。全治は約3〜4カ月と診断されている。

 山本は1985年生まれの32歳。早稲田大学出身で、2008年にジュビロ磐田へ加入。2014年からは鹿島でプレーし、左サイドバックのレギュラーとして活躍。昨年12月には日本代表デビューも果たした。今季はここまで明治安田生命J1リーグで7試合に出場している。

 鹿島は今季、明治安田生命J1リーグ第7節を終えて2勝2分け3敗の勝ち点「8」で13位。次節は14日、名古屋グランパスをホームに迎える。

サッカーキング

「鹿島アントラーズ」をもっと詳しく

「鹿島アントラーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ