チェンバレン、マンC撃破でCL制覇に自信「対戦相手は関係ない」

4月12日(木)12時55分 サッカーキング

CL制覇への自信を語ったチェンバレン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リヴァプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇への自信を語った。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 リヴァプールは10日に行われたマンチェスター・CとのCL準々決勝セカンドレグを1−2で勝利し、2試合合計5−1で10年ぶりのCL準決勝進出を決めている。準決勝には、レアル・マドリード、バイエルン、ローマが勝ち残っているが、チェンバレンはどこが相手でも恐れてはいないと語った。

「マンチェスター・Cのような難しい相手を2回も破ったことは、とてつもなく大きな自信となる。この結果は、僕たちがこのリーグで戦える正しいレベルにいることを示している。準決勝はどこと当たっても打ち負かすことができると証明したい」

「みんなはローマと当たった方がいいというかもしれない。ただ、彼らは驚くようなことをした。パフォーマンスは素晴らしかった。だから、どこと対戦するかは関係ない。相手が誰でもしっかりと準備して戦うことが重要だ」

 また、チェンバレンはユルゲン・クロップ監督の手腕について次のように称賛し、10日の試合でもハーフタイム中の言葉に影響されていたことを明かした。

「彼は素晴らしい監督で、もう何年もそのことを証明している。いい戦略を持っているだけではなく、選手たちのモチベーションもうまいこと上げてくれている」

「彼は僕たちを落ち着かせ、小さいロケットのようなものを与えてくれる。(10日のハーフタイム中には)たとえ勝ち進んでも敗退してもそれは関係ない。我々は自分たちの道を進んでいくだけと言ってくれたおかげで、後半はもっといいプレーをすることができたんだと思う」

 なお、準決勝の組み合わせ抽選会は4月13日に開催され、ファーストレグは4月24日と同25日に、セカンドレグは5月1日と同2日に行われる。

サッカーキング

「マンC」をもっと詳しく

「マンC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ