フィオレンティーナ指揮官、アストーリを偲びイニシャルを“タトゥー”

4月13日(金)12時33分 サッカーキング

追悼の意を込めてピオリ監督はアストーリのイニシャルを自らの身体に彫ったようだ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 フィオレンティーナのステファノ・ピオリ監督が、3月に逝去した元イタリア代表DFダヴィデ・アストーリを偲び、タトゥーを入れたことが分かった。イタリアメディア『トゥットメルカート』が伝えている。

 絶対的な信頼を寄せていた主将のアストーリを失ったピオリ監督は、ダヴィデ・アストーリのイニシャル「DA」とクラブで背負っていた背番号13を併せた「DA13」を左腕に入れたようだ。

 ピオリ監督が訪れた「Frankie tatoo art」がインスタグラムに、タトゥーを入れる模様をインスタグラムに投稿。施術中の最中の写真も掲載している。

 人格者として知られていたアストーリの早すぎる死には、世界中から追悼のメッセージが寄せられた。今回のピオリ監督の行動によって、さらにその人望の厚さが表れる形となった。

サッカーキング

「フィオレンティーナ」をもっと詳しく

「フィオレンティーナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ