本田圭佑、アシストランク首位タイに再浮上。メキシコ後期で7G7A

4月15日(日)19時19分 フットボールチャンネル

 リーガMX(メキシコ1部)後期第15節の試合が現地時間14日に行われ、パチューカはホームでサントス・ラグーナと対戦。本田圭佑の1ゴール1アシストなどで3-1の勝利を収めた。

 本田は前半25分にチームの先制点を記録。ペナルティーエリア右手前でパスを受けて中央へ切り込み、ゴール正面付近から強烈な左足シュートをゴール左隅に突き刺した。

 さらに31分には味方のゴールをお膳立て。本田からのスルーパスを受けたエリック・アギーレがゴールを受けてリードを広げる。その後両チームとも1点づつを加え、パチューカは3-1で2連勝を飾った。

 これで本田は後期リーグで全15試合に出場して7ゴール7アシスト。得点、アシストともにランキング上位に位置している。

『ESPN FC』の集計によれば本田はレオンのルイス・モンテスと並んでアシストランクの首位タイ。『FOXスポーツ』ではティグレスのイスマエル・ソサも7アシストとしている。得点ランクではサントスのジャニニーが14点で首位を独走しているが、その下には8点で4人が並び、7点の本田は6位タイとなっている。

フットボールチャンネル

「本田圭佑」をもっと詳しく

「本田圭佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ