慶應義塾大が端山の活躍で首位キープ…明治大も連勝/関東大学リーグ第2節

4月15日(水)11時28分 サッカーキング

慶應義塾大MF端山豪(前列左)は1得点1アシストと結果を残した [写真]=平柳麻衣

写真を拡大

 JR東日本カップ2015 第89回関東大学サッカーリーグ戦の第2節が11日、12日に各地で行われた。

 11日に駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われた第1試合では、開幕戦で3−0と快勝し首位スタートを切った慶應義塾大学と、駒澤大学が対戦。

 29分、慶應義塾大のMF松木駿之介(1年・青森山田高校出身)が左サイドの裏を取ると、マイナスの折り返しをゴール前に走りこんだMF端山豪(4年・東京ヴェルディユース出身)が受け、右足でシュート。先制に成功する。36分にはCKの流れから、最後は端山が左足で送ったクロスを松木が頭で押し込み追加点。慶應義塾大がルーキーの松木と、全日本大学選抜の端山の活躍で2点を先行して前半を折り返した。
 
 後半に入ると、流れは一変。駒澤大がサイド攻撃を中心に前がかりになる。71分、右サイドでFKを獲得すると、MF平野篤志が送ったボールをDF宮坂瑠(3年・三浦学苑高校出身)がニアサイドで合わせ、1点を返す。その後も駒澤大が攻める時間が続いたが、慶應義塾大が粘りの守備で逃げ切り、2−1で開幕2連勝を飾った。

 同会場の第2試合では、明治大学と法政大学が対戦。試合が動いたのは前半41分、ME柴戸海(2年・市立船橋高校出身)からのロングボールに抜けだしたFW藤本佳希(4年・済美高校出身)が冷静にコースを射抜き先制。後半開始直後の48分には、MF差波優人(4年・青森山田高校出身)からパスを受けた藤本が左足で追加点を決め、リードを広げる。

 法政大の反撃は70分、セットプレーのチャンスにDF山田将之(3年・青森山田高校出身)が合わせ1点を返す。法政大が勢いに乗ったかと思われたが、次にスコアを動かしたのは明治大。80分、敵陣で藤本がボールをカットすると、途中出場の木戸皓貴(2年・東福岡高校)が右足で決め再び2点差に突き放す。
 
 その後、法政大は87分、DF永戸勝也(3年・千葉県立八千代高校出身)の左からのクロスに高田一輝(3年・川崎フロンターレU—18出身)が飛び込み1点を返すも、一歩及ばず。明治大が3−2で勝利し、法政大は1部昇格後2連敗となった。

 関東大学1部リーグ第2節の結果および順位表は以下のとおり。なお、第3節は15日に行われる。

国士舘大 0−1 流通経済大
慶應義塾大 2−1 駒澤大
早稲田大 1−1 桐蔭横浜大
明治大 3−2 法政大
専修大 0−0 神奈川大
順天堂大 2−1 中央大

1位:慶應義塾大学(勝ち点6/得失点差4)
2位:明治大学(勝ち点6/得失点差2)
3位:早稲田大学(勝ち点4/得失点差1)
4位:流通経済大学(勝ち点4/得失点差1)
5位:順天堂大学(勝ち点3/得失点差0)
6位:駒澤大学(勝ち点3/得失点差0)
7位:専修大学(勝ち点2/得失点差0)
8位:神奈川大学(勝ち点2/得失点差0)
9位:中央大学(勝ち点1/得失点差-1)
10位:桐蔭横浜大学(勝ち点1/得失点差-1)
11位:国士舘大学(勝ち点0/得失点差-2)
12位:法政大学(勝ち点0/得失点差-4)

サッカーキング

「東大」をもっと詳しく

「東大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ