【皐月賞】枠順確定!コントレイルは1枠1番 サリオスは4枠7番 サトノフラッグは3枠5番

4月16日(木)14時25分 SPAIA

2020年皐月賞の枠順

ⒸSPAIA

コントレイルは1枠1番 サリオスは4枠7番

4月19日(日)に中山競馬場で行われるクラシック第1戦皐月賞(GI・芝2000m)の枠順が発表された。ホープフルSの勝ち馬コントレイルは1枠1番、朝日杯FSの勝ち馬サリオスは4枠7番、弥生賞の勝ち馬サトノフラッグは3枠5番に入った。

2020年皐月賞の出走表


昨年ぶっつけ本番で挑んだサートゥルナーリアが皐月賞を勝利し、ローテーションのデータは崩壊した感はあるが、過去10年で変わらないデータもある。それが前走クラス別成績。
やはりクラシック第1弾ということもあり、レベルが高く、前走オープンクラスからここに挑んだ馬で勝ったのは0頭。オープン組でも若葉S組だけが【0-3-1-19】と何とか検討している程度である。
また、勝ち馬は過去10年で「前走1・2着」馬からしか出ていない。まず予想をする上で、軸は前走重賞で1、2着だった馬から入った方がよさそうだ。

SPAIA

「コントレイル」をもっと詳しく

「コントレイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ