楽天、梨田監督相手を上回る8安打も拙攻に悔やむ 「こっちはソロソロ」

4月17日(火)21時44分 フルカウント

先発の岸は完投も3被弾で5失点

 楽天が空中戦に敗れ、借金は7まで膨らんだ。17日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。先発の岸孝之が3本塁打を被弾し、打線もソロ本塁打2本は出たものの、度重なるチャンスを潰してビハインドを跳ね返せなかった。

 2点を先制された3回、先頭のアマダー、岡島が連打で出塁し、2死満塁までなったが、ペゲーロが凡退し無得点。4回には1点を返し、なおも1死満塁としたが、嶋が空振り三振、島内は遊ゴロ。6回に今江が通算99本目となる2号本塁打、岡島も2号本塁打を放ったが、ともにソロ。7回には2つの四球で2死一、二塁、8回にも2死一、二塁としたが、チャンスを生かせなかった。

 先発の岸は、2回に松田に2ランを浴びると、4回には二塁・銀次の失策から柳田に2ランを被弾。1点差に迫られた7回には、福田に再び差を広げるソロ本塁打を食らった。8回まで投げ抜いて完投したものの、5失点で敗戦投手となった。

 試合後、梨田昌孝監督は「こっちもホームランは出たけど、向こうは2ラン2ラン、こっちはソロソロ。最後の(福田の)ホームランは効いたけどね。セカンドエラーからの2ランは効き過ぎた。満塁で3回、4回で0点、1点と。1アウト満塁で嶋、島内で1本出てれば違ってきた」と語っていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ソロ」をもっと詳しく

「ソロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ