日本ハム、上沢の危険球退場も救援陣が踏ん張り快勝 アルシアは来日1号

4月17日(火)21時50分 フルカウント

先発の上沢は3回、源田に頭部死球を与え危険球退場

 日本ハムは17日の西武戦(東京ドーム)に7-2で勝利した。先発の上沢が3回に頭部死球を与え退場するアクシデントもあったが、後を受けたリリーフ陣が西武打線を2失点に抑え貯金を「1」とした。

 緊急事態にも日本ハムのリリーフ陣が踏ん張った。1点リードの3回。先発の上沢が1死一塁から源田に頭部死球を与え、危険球退場。急遽、マウンドには玉井が上がったが浅村、山川を抑え無失点で切り抜けた。

 打線は4回にアルシアが来日初アーチとなる一発を放ちリードを広げた。貴重な追加点となった1号ソロに「うれしいね。チームが勝つことが一番なので、そのために全力を尽くすよ。これからも一打席一打席、状態が良くなっていくと思う」とコメント。

 日本ハムは一発攻勢で西武を突き放す。6回に清水が「追加点が欲しかったのでいいところで打てた」と4号2ランを放てば、7回には中田翔が「リードは何点あってもいい。1点でも多く取りたかった」と4号ソロで着実に追加点を奪い快勝した。

 上沢の後を受けた玉井、村田、宮西、西村、トンキン、田中豊のリリーフ陣が西武打点を2失点に抑える好投。対する西武は先発の十亀が6回途中を2被弾を含む7安打5失点と踏ん張り切れなかった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「退場」をもっと詳しく

「退場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ