ソフトバンクが今季初の4連勝 一発攻勢で全得点挙げ、東浜が今季初勝利

4月17日(火)21時10分 フルカウント

楽天は岸が3被弾を喫して5失点

 ソフトバンクが今季初の4連勝とした。17日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。3本塁打が飛び出す一発攻勢で5点を奪い、先発の東浜巨投手は6回途中3失点で降板したものの、今季初勝利をマークした。

 効果的な一発攻勢で、楽天先発の岸を沈めた。2回1死一塁で松田が左翼ホームランテラス席へと飛び込む3号2ランを放って先制。3回には1死一塁で柳田に3戦連発となる3号2ランが飛び出して2点を追加。1点差に詰め寄られた7回には代打・福田が貴重な1号ソロを放って、リードを再び広げた。

 先発の東浜は球数が多く苦しい投球に。4回にアマダーに左前適時打を許し、6回には今江、岡島にソロ本塁打を被弾した。その後、嶋の打球が右足を直撃。球数が130球を超えたこともあって、ここで降板となった。その後はリリーフ陣が何とか踏ん張り逃げ切りに成功。東浜は今季3試合目の登板で、初勝利をつかんだ。

 楽天は先発の岸孝之が3被弾に沈んだ。松田、柳田、福田に本塁打を許し、5失点全てを本塁打で失った。8回まで投げ抜いたものの、5失点で敗戦投手に。打線も3回2死満塁で得点出来ず、4回1死一、二塁のチャンスでも1点だけしか奪えず。7回、8回にもチャンスを作ったが、これを生かしきれなかった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ