プロ注目の亜大・頓宮が満塁弾含む2打席連続アーチ

4月17日(火)15時37分 日刊スポーツ

亜大対中大 3回表亜大2死満塁、左越え満塁本塁打を放つ頓宮(撮影・横山健太)

写真を拡大


<東都大学野球:亜大12−3>◇第2節第1日◇17日◇神宮

 プロ注目の亜大・頓宮裕真内野手(4年=岡山理大付)が、2打席連続のアーチでチームを勝利に導いた。3回、1点を先制し、なおも満塁から149キロ直球を左翼席に運ぶ満塁弾。4回2死二、三塁ではスライダーを左翼席に運んだ。
 本職は捕手だが、打撃優先でこの日は一塁手で出場。「打てたのは良かったですけど、捕手として、信頼を得られるように頑張りたいです」と話した。

日刊スポーツ

「捕手」をもっと詳しく

「捕手」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ