DeNAラミレス監督が巨人山口俊に「タフだった」

4月17日(火)21時47分 日刊スポーツ

DeNA対巨人 8回裏、天を仰ぐDeNAラミレス監督(左から2人目)(撮影・林敏行)

写真を拡大


<DeNA2−3巨人>◇17日◇ハードオフ新潟

 DeNAの連勝が8でストップし首位陥落した。打線が巨人山口俊の前に苦しんだ。1点ビハインドの3回、ロペスが同点打。さらに宮崎が一時勝ち越しの適時打を打った。しかし、4回以降無安打に抑えられ、逃げ切られた。
 連勝街道が途絶え、順位は広島と入れ替わって2位に転落。アレックス・ラミレス監督は「(山口俊が)いい投手であることは分かっていたし、能力もある。我々にはタフだった」と、一昨年まで味方だったかつての自軍エースをたたえた。

日刊スポーツ

「DeNA」をもっと詳しく

「DeNA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ