ロッテ石川が3失点完投勝利、オリックスは10敗目

4月17日(火)21時11分 日刊スポーツ

ロッテ対オリックス ロッテ先発の石川(撮影・小沢裕)

写真を拡大


<ロッテ5−3オリックス>◇17日◇ZOZOマリン

 オリックスが先制した。1回1死から安達が右前打で出塁すると、二盗と敵失で三進し、吉田正の二ゴロの間に1点を先取した。
 ロッテは5回に敵失、捕逸と田村の適時三塁打で3得点し一時逆転した。オリックスは6回にロメロの同点2ランで追いついた。
 ロッテが7回に藤岡裕の2戦連発となる2号2ランで勝ち越した。石川が3失点完投で3勝目。オリックスは10敗目を喫した。近藤が今季初黒星。

日刊スポーツ

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ