阪神が今季初の雨天中止 野手陣はフリー打撃で汗

4月17日(火)21時4分 日刊スポーツ

中日対阪神 雨天中止が決まり、グラウンドから引き揚げる金本監督(撮影・前田充)

写真を拡大


 阪神は17日、中日戦(豊橋)が今季初の雨天中止になった。
 試合前練習中から間断なく雨が降るなかで、野手はフリー打撃などで汗を流した。15日のヤクルト戦(甲子園)で、ようやく打線にエンジンがかかり、今季最多の8点を奪っていた。金本知憲監督(50)は「そのまま行きたかったけどね、勢いのままね」と話した。福留、糸井、ロサリオらは感触を確かめるようにスイングを繰り返した。

日刊スポーツ

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ