武藤マインツ戦で珍事 前半終了後VARでPK判定

4月17日(火)8時15分 日刊スポーツ

前半終了後のPK判定に、ウインクマン主審に説明を求めるフライブルクMFハーバラー(中央)(ロイター)

写真を拡大


<ブンデスリーガ:マインツ2−0フライブルク>◇16日◇マインツ

 FW武藤嘉紀が所属するマインツは、ホームでフライブルクに2−0で勝利した。
 残留を争うこの試合で珍事が起こった。前半終盤にマインツが攻撃を仕掛けたが、フライブルクがしのぎ、主審の笛で0−0のままハーフタイムとなり選手はロッカールームへ引き揚げた。しかし、ここで前半終了直前のペナルティーエリア右からのFWブロンシンスキのクロスのシーンがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で確認され、その結果、クロスがフライブルクDFケンプフの手に当たったと判定された。選手はピッチに戻って試合が再開。このPKをMFデブラシスが右足でゴール左に突き刺し、マインツが先制に成功。この1プレーで前半がようやく終了した。
 マインツは後半34分にも、相手GKシュボロフのキックミスを逃さずFWクアイソンが奪ってラストパスを送り、デブラシスが無人のゴールへ流し込んで決定的な2点目を奪った。
 7試合ぶりの白星を挙げたマインツは7勝9分け14敗で勝ち点を30とし、同勝ち点のフライブルクを得失点差で抜いて15位に浮上した。
 武藤は3試合連続でベンチ外で、3月17日のフランクフルト戦の後半に途中出場して以来、出番がない。

日刊スポーツ

「マインツ」をもっと詳しく

「マインツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ