日本ハム3発7得点で快勝、西武は十亀が崩れ2連敗

4月17日(火)22時2分 日刊スポーツ

西武対日本ハム 6回表日本ハム2死二塁、清水は左越え本塁打を放ち笑顔を見せる(撮影・鈴木正人)

写真を拡大


<西武2−7日本ハム>◇17日◇東京ドーム

 日本ハムは3回2死一、三塁、近藤の中前適時打で1点先取。危険球退場の上沢に代わり玉井が3回1死一、二塁で登板し無失点。
 日本ハムは4回アルシアのソロ、6回清水2ランなど追加点を挙げた。西武は5回2死一、二塁、森の左前適時打で1点を返した。
 日本ハムは7回、中田の4号ソロで1点を追加し逃げ切った。日本ハムは西武戦今季4試合目で初勝利を挙げ、貯金1。西武は2連敗となった。日本ハム村田が今季2勝目、西武十亀は今季2敗目を喫した。

日刊スポーツ

「日本ハム」をもっと詳しく

「日本ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ