マスターズで存在感見せた古閑美保 夫の成績も右肩上がり

4月17日(火)7時0分 NEWSポストセブン

夫の成績は右肩上がり(Getty Images)

写真を拡大

 今年のオーガスタで抜群の“存在感”を見せたのは、初制覇が期待された松山英樹(26)でも、タイガー・ウッズ(42)でもなく、日本の「元賞金女王」だった。マスターズ初出場でイーブンパーの28位と健闘した小平智(28)の妻・古閑美保(35)である。


「小平の両親とともにロープの外から声援を送っていました。TBSの中継マイクが何度も“手前から速いよ!”とか“落ち着いて!”といった声を拾っていた。日本語の声援が珍しかったからか、初日、2日目と同組だった元世界1位のビジェイ・シン(55)がギャラリーのほうに目をやる場面も見られました。壁の薄いマンションだったら、ちょっとお隣から文句がくるかもな、と思うくらいの声量で、小平本人は『(古閑の声援が)めちゃくちゃ聞こえました。力になりました』とコメントしていた」(TBS関係者)


 2008年に日本ツアー賞金女王を獲得し、2011年に左手首の故障を理由にトーナメントプロを引退した古閑は、昨年3月に小平と結婚。


「小平はマスターズ出場の条件となる世界ランク50位内を狙って、今年1月からアジアツアーなど海外7戦を転戦した。古閑が“新婚旅行はマスターズ!”とプレッシャーをかけたからだといいます。そこで結果を残し、出場権を獲得した。すると古閑はさらに、昨年の日本ツアー賞金王の宮里優作(37)に“絶対に負けるな”とハッパをかけたそうです」(同前)


 昨シーズンの賞金王争いで小平は最終戦で宮里に逆転を許している。マスターズでは予選落ちとなった宮里を上回る成績を収め、“妻とのリベンジの約束”を果たした格好だ。


 古閑が技術的なアドバイスをすることもあるといい、プロゴルファーの沼沢聖一氏は「ゴルフは一人で悩みを抱え込みがちなスポーツなので、同じ競技をするプロが傍にいるとヒントになることが多いはず」と評す。


 実際、小平の成績は古閑との同棲を始めた2014年以降、右肩上がりだ。2014年の賞金ランク21位から毎年順位を上げ、昨年は2位。「今季は賞金王だと意気込んでいる」(ゴルフ誌記者)といい、“その先”に米ツアー挑戦を見据えているという。


※週刊ポスト2018年4月27日号

NEWSポストセブン

「マスターズ」をもっと詳しく

「マスターズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ