【広島】田中の3打点でリーグ最速10勝

4月17日(火)23時51分 スポーツ報知

4回1死三塁、田中が右前に勝ち越し打を放つ

写真を拡大


◆広島7—4ヤクルト(17日・呉)

 広島が1番・田中広輔内野手(28)の2安打3打点の活躍で3連勝。首位に浮上し、リーグ最速で10勝に到達した。

 田中は2—2の2回1死満塁の場面で右中間へ2点適時打を放つと、同点に追いつかれた4回1死三塁は右前に決勝適時打。「チャンスだったので、とにかく必死に食らいついていった。良いところで1本出て良かった」と納得の表情を浮かべた。

 6回の第4打席では、右手に死球を受けるアクシデント。治療のためいったんベンチへ下がったが、試合にはフル出場した。「右手は大丈夫。明日も頑張ります」と言葉に力を込めたが、緒方監督は「ちょっと心配。明日の状態を見てみないと」と話した。

スポーツ報知

「死球」をもっと詳しく

「死球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ