【オリックス】開幕からのカード初戦6連敗、ミス相次ぐ

4月17日(火)21時26分 スポーツ報知

5回1死二、三塁、オリックス・金子(左)が捕逸で菅野の生還を許す

写真を拡大


◆ロッテ5—3オリックス(17日・ZOZOマリン)

 オリックスがミスのオンパレードで競り負け、開幕からカード初戦は6連敗となった。毎週火曜に先発している金子に黒星はつかなかったが、3戦連続で白星がない。「四球で無駄な走者を出して、苦しい投球をしてしまいました」と反省の言葉を口にしたが、この日は味方の拙守にも足を引っ張られた。

 1点リードの5回、先頭・鈴木に初安打となる左翼線への二塁打を浴びると、ここから信じられないミスが続いた。菅野の投犠打を金子は素早く一塁に送球したものの、ベースカバーに入った二塁・大城が後ろにそらす痛恨の失策。鈴木が生還し、同点に追いつかれた。なおも四球とバントで1死二、三塁となり、今度は伊藤が捕逸。勝ち越しを許すと、田村に左中間への適時三塁打を浴びた。

 6回にロメロの2号2ランで同点に追いついたが、7回に3番手の近藤が藤岡裕に決勝2ランを被弾した。福良監督は「カード初戦を取らないと、苦しくなる」と話していたが、またしても黒星。今季10敗目で借金は6に膨らんだ。

スポーツ報知

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ