LEXUS TEAM Weds Sport BANDOH スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

4月20日(金)18時35分 AUTOSPORT web

2018 AUTO BACS SUPER GT Round 1

「OKAYAMA GT300km RACE」


新生19号車の開幕戦は9位フィニッシュ!表彰台は次戦に持越し


■開催日 予選4月7日(土) 決勝4月8日(日)■開催地 岡山国際サーキット

■入場者数 予選10700人 決勝28400人


 桜も散り、冬に戻ったかのような寒さの中、2018年 SUPER GTシリーズが開幕を迎えた。


 LEXUS TEAM Weds Sport BANDOHは、ドライバーを変更し、3年目の国本雄資選手とTDPドライバーの22歳山下健太選手を迎え入れ、新生19号車として開幕を迎えた。シーズンオフには多くのテストをこなし、先日行われた富士の合同テストではトップタイムを叩き出すなど沢山の期待と共にシリーズチャンピオンを目指してまた1年が始まった。3月19日には織戸学氏のエクゼクティブアドバイザー就任を発表し、よりGT500の中でも注目をされるチームとなった。坂東正敬監督を筆頭に昨年のチャンピオンマシンのLC500、そして足元を支えるタイヤブランドは今年でブランド設立40周年のADVANと共に大事な1戦が岡山国際サーキットで行われた。LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの予選は、ポールを獲れる自信はあった。


 金曜日の雨の影響で朝9時のサーキット路面はまだ乾いていない。路面温度は合同テストよりも低い9度。持ち込みセットや持ち込みタイヤなど不安と期待が入り混じる中、練習走行は始まった。まずは国本選手がマシンに乗り込み、路面が乾くまでピットにステイし、他車のタイムを様子見ながらコースイン。途中、赤旗提示などがありメニューは順調に進まず、山下選手も多くの周回数を重ねる事が出来ないまま練習走行時間は進んで行った。


 しかし、国本選手は路面が乾き始めると1分19秒323のタイムを叩き出し、総合トップのポジションを奪った。山下選手もGT500占有で国本選手のタイムは上回る事は出来なかったが総合2番手のタイムを叩き出し、チーム雰囲気は最高なまま練習走行を終え、ポールポジションへの期待が更に高まった。


■予選 4月9日(土) 【7位】


□公式予選 天候:曇り | コース:ドライ/ウェット | 気温/路面温度 Q1開始時10℃/14℃、


 Q1をドライブするのは山下選手。


 晴れ間も覗き路面コンディションもドライとなったが気温、路温は上がってこない。


セッション開始5分後にコースイン。計画通り5周目に計測開始、タイムを大幅に上げたが更に6周目もアタックする。新人とは思えないほど冷静なアタックで1分18秒619の7番手を記録する。


 Q1トップは24号車1分18秒160。2番手100号車3番手17号車、4番手23号車。LC500勢6台中2台しかQ2に進むことが出来ず、波乱の予選となった。同時に今年の3メーカーがこのノーウェイトで僅差のタイムを記録しており今年の展開が益々読めないQ1となった。


 Q2開始時には天候が変わりGT300予選時にはすでに路面はフルウェット状態。


 そしてQ2開始、ドライバーは国本選手、まずはソフトタイヤを装着してコースイン。


 しかし、路面とマシンとタイヤが上手くマッチせず、すぐさま他のタイヤを準備し、ピットイン、そのまま最後まで計測するがトップは獲れず、1分29秒793ので7位。


 トップは17号車の1分26秒905、2位は8号車、3位は3号車の順となった。


 天候を味方につける事はできなかった19号車は7位からスタートだが日曜日の天候は、雨は降らない予報だったので多くの期待を膨らませ、決勝日に備えた。


■決勝 4月8日(日)【9位】


□天候:曇り | コース:ドライ | 気温/路面温度 13度/19度

 決勝日の午前中も雨が降ったり、止んだりの不安定な天候だったが、スタート前には晴れの空模様となり、ドライコンディションで20分間のフリー走行が始まった。マシン・路面・セカンドスティント用のタイヤ確認・ドライバー交代練習などレースに向けての全ての確認作業をし20分間のフリー走行を終えた。国本選手からも車は良いとコメントを頂き、国内初優勝へ向けてスタートを待っていた。朝から詰掛けた大勢のレースファンが見守る中、2018年のシリーズが幕を開けた。しかし、決勝レースがスタートと同時に大波乱の展開に。まず、オープニングラップからフォーメーションラップにかけてトップの17号車を筆頭に隊列を整えて、スタート!


 スタートは上位陣で何台かがホイールスピンをしてしまい、まさかの19号車の前の車がブレーキを踏むことに、その後23号車が後ろからもの凄い勢いで19号車を抜いていく、波乱のスタートとなった。19号車は9位まで順位を落とすが、その後100号車のバドン選手をオーバーテイクし、6位を走行。先頭グループがPITに入ると山下はプッシュしてトップとのタイム差を縮めに行った。暫定2位の46周目に山下選手から国本選手にバトンを渡す。


 ピットのタイミングで前にいた23号車と3号車を交わし8号車とバトルが始まる。


 8号車とのバトルでフロントタイヤグリップを徐々に失う国本選手だか上手くポジションをキープして走行を重ねるが38号車、3号車が再び迫ってくる展開の中、順位を落としてしまう場面もあったが、その後2台を抜き返し、9位で新生19号車をチェッカーまで導いてくれた。


 国本選手・山下選手の新コンビはGT500勢の中でも存在感を示す事が出来たレースだった。結果は残念だがますます磨きのかかった二人が次戦以降展開する事を約束してくれた。9位と言う順位だったが良い所も沢山あったので今後のレースに期待のかかる一戦となった。


■国本雄資選手コメント


9位でした。序盤は良いペースで走行していました。

3号車と23号車を抜いて8号車とバトルをしていたのですがフロントタイヤのグリップが低下し、順位を下げてしまったのですが、また2台を抜いて9位でチェッカーを受けました。

富士に向けて改善しないといけない事もありますし、良いとことも沢山あったので次につなげたいと思っています。幸いにポイントを持ち帰る事が出来たので良かったです。

応援ありがとうございました。次回も応援宜しくお願いします。


■山下健太選手コメント


僕のスティントはスタートでポジションを9位まで落としてしまいました。(後に2台がスタート違反の判定)

展開はとても厳しいレースになってしまいました。ペースは良かったのですが前に詰まってしまって、順位を上げる事が出来ませんでした。今回の反省を必ず富士に活かしたいと思っています。車の良いとこもあったので今後のテストで更にマシンを向上させたいと思っています。

応援ありがとうございました。


■坂東正敬監督コメント


難しいレースでした。先入観がありすぎたかもしれません。本当に反省です。タイヤ無交換などさまざまな選択肢があった中、戦略はオーソドックスな戦略でした。国本選手のスティントは本当に大変だったと思います。

もう少しセットアップで何とかしてあげたかったです。ただシーズンオフはタイヤ開発を横浜ゴムさんと一緒に進めてきましたので次の富士、鈴鹿、タイはとても楽しみです。

今回、足りなかった物などをすでにミーティングして、解決そして今後のテストプランに盛り込んでいますので今年は色々とデータを元に戦っていきます。

沢山の応援ありがとうございました。ADVAN40周年に早く花を添えられるように次のテストから頑張ります。


■織戸学 エグゼティブアドバイザーコメント


久しぶりにGT500の現場を見させて頂きました。やはりGT500のレベルの高さを新ためて認識しました。

セットアップやタイヤなど本当に勉強になりました。

今回は9位でしたが練習走行はTOPだったのでこのドライバーの勢いをそのまま富士に持って行きたいと思っています。

今後はドライバーのバックアップや横浜ゴムとのコミュニケーションを更に充実して、チームに貢献したいと思っています。

応援宜しくお願いします。


【Racing Project BANDOH has opened a YouTube channel 】


レーシングプロジェクトバンドウのYoutubeチャンネル誕生。

サーキットの興奮をダイレクトにお茶の間にお届けします。

是非、チャンネル登録を!!!

https://www.youtube.com/channel/UCDTRz5QdXviv6VLLJLrDrCw/videos


AUTOSPORT web

「LEXUS」をもっと詳しく

「LEXUS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ