劇的な凱旋弾にシアトル熱狂 イチローとエイミーさんの心温まる交流も続く

4月20日(木)12時47分 フルカウント

「世界一のファン」はホームランに大興奮、イチローからボールのプレゼントも

 マーリンズのイチロー外野手は19日(日本時間20日)、かつての本拠地セーフコ・フィールドでのマリナーズ戦に「9番・ライト」で先発出場し、9回の最終打席で今季初本塁打を放った。4回の第2打席ではシアトルで1042日ぶりとなるヒットを放ち、4打数2安打と活躍。試合はマーリンズが5-10で敗戦したが、イチローの熱狂的なファンとして有名な「イチメーター」の製作者、エイミー・フランツさんはこの一戦をスタンドで観戦し、背番号51との心温まるエピソードを披露。「エリア51」と呼ばれたイチローの定位置ライトで先発起用したマーリンズへの感謝の気持ちを表している。

 シアトル在住でマリナーズファンのエイミーさんは、セーフコ・フィールドのライトスタンド最前列に陣取り、イチローの応援を続けた。ヒット数をカウントする「イチメーター」の製作者としても有名で、メジャー最多のシーズン262本を記録したオリジナルのイチメーターはクーパーズタウンの米国野球殿堂に収められている。

 イチローとの絆もアメリカでは有名で、イチローが2012年にマリナーズからヤンキースに移籍した時には、バットやスパイクをプレゼント。エイミーさんも、イチローのプレーを応援するために、ニューヨークやマイアミへ遠征に出かけている。

 この日もライトスタンドで応援したエイミーさんは自身のツイッターで次々と興奮を伝えた。試合前には、元日本ハム外野手でスポーツ・コミュニティ・オフィサーを務める稲葉篤紀氏とのツーショット写真を掲載。そして、2014年以来のセーフコ・フィールド凱旋となった連戦で、3試合目にして初めてライトを守ったイチローにテンションは上がりっぱなしだった。

ライトでの出場に「これが私たち全員が待ち望んでいたもの」

「これが私たち全員が待ち望んでいたものよ。イチロー!」とライトの守備につくイチローの写真を掲載。この日、先着2万人の来場者にプレゼントされた特製のボブルヘッド人形や、手作りの歓迎ボードも写真で紹介した。

 すると、3-4で迎えた4回にイチメーターがカウントされた。 1死走者なしの場面で、イチローはフルカウントからレフト前ヒット。エイミーさんは今季2安打目でメーターの日米通算安打数を「4310」にカウントアップ。そして、8回の守備の場面で待望の瞬間がやってきた。

「イチローを今日プレーさせてくれて、マーリンズありがとう! 8回にウォームアップのボールをくれたイチロー、ありがとう!」

 イチローからプレゼントされたボールと背番号51の後ろ姿を重ねた写真をツイッターで掲載したエイミーさん。そして、直後の9回にクライマックスが待っていた。 6点を追う9回の第4打席。先頭打者として登場したイチローは大きな拍手の中で迎えられ、右腕マーシャルの初球をフルスイング。右中間スタンドに飛び込む、ソロ本塁打となった。

 エイミーさんはイチメーターを再びアップデート。ダイヤモンドを颯爽と一周した背番号51を見届けた後、日米通算安打数のカウントを「4311」にまで上げるマーリンズのユニフォーム姿のエイミーさんを、マイアミでテレビ中継する「FOXスポーツ・フロリダ」のカメラも克明に捉えていた。

 シアトルで紡がれたイチローとエイミーさんのストーリーにも、また新たな章が加わったようだ。

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イチローをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ