ガルシア、体重超過の“快勝”でまさかの再戦要求 無敗王者ヘイニー撃破に「俺が狂っていると思ったか」と咆哮

2024年4月21日(日)16時58分 ココカラネクスト

序盤から圧力をかけ、ヘイニーを打ち破ったガルシア。(C)Getty Images

 注目の一戦はショッキングな結果となった。

 現地時間4月20日、ボクシングのWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ12回戦が、米ニューヨークで行われ、元WBC世界ライト級暫定王者であった挑戦者ライアン・ガルシア(米国)が、無敗の王者デビン・ヘイニー(米国)に判定勝ち。前日計量でリミット140ポンド(63.50キロ)を3.2ポンド(約1.45キロ)も上回る体重超過を犯していた25歳が快哉を叫んだ。

【動画】王者ヘイニーが崩れたダウンシーン! ガルシアの強烈パンチをチェック

 前日計量で、体重超過を犯したにもかかわらず、持ち込んだビール(後に本人はリンゴジュースだったと釈明)をがぶ飲み。異様な行動を取っていたガルシアはリング上でも“やりたい放題”だった。

 下馬評でもヘイニー有利と見られていた一戦だったが、ガルシアは7回、10回、11回と王者から3度のダウンを奪取。中盤こそ相手に主導権を握られたものの、最終的に判定(112-112、114-110、115-109)で決戦を制した。

 違反を犯していたために王座はそのままになるという。それでも王者を粉砕したチャレンジャーは鼻高々だ。英スポーツ専門ラジオ局『talk SPORT』によれば、試合後にリング上でマイクを握ったガルシアは「あんたらは本当に俺が狂っていると思っていたのかよ」と豪語。さらに熱狂するファンに向かって「自分を見失っていたのはあんたらだ」と息巻いたという。

 さらに試合前から続いていた挑発的な言動について「おいおい、冗談も通じないのか?」とほくそ笑んだガルシアは、ヘイニーとの再戦についても言及した。

「俺は再戦を望んでいるよ。俺が彼に一矢報いたんだから、今度は彼が俺にチャンスを与えるのは当然のことだ。俺はまだチャンピオンだ。やり返せるよ」

 まるで違反を犯していないかのように振る舞い続けたガルシア。その言動には違和感しかない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「体重超過」をもっと詳しく

「体重超過」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ