日本ハム上沢が4回途中6失点KO降板 初勝利目指すも西武打線に捕まる

4月21日(金)19時54分 フルカウント

2被弾を含む6安打6四死球で自滅

 日本ハムの上沢直之投手が21日、今季2度目の先発となった敵地・西武戦で4回途中6失点でKO降板した。

 初回から西武打線に捕まった。まずは先頭・秋山に今季1号ソロ弾で先制されると、無死一、三塁から中村の中犠飛で2点目を失った。

 3回には先頭・浅村に死球を当てると、続く中村に5号2ランを被弾。4回には、1死一塁から源田に右翼へタイムリー三塁打、浅村に左翼へ適時打と畳みかけられ、さらに2失点。続く中村をセンターフライに仕留めたところで、115球で降板した。

 3回2/3を投げて2被弾を含む6安打6四死球1奪三振。今季初勝利を期して上がったマウンドだが、自滅する形になってしまった。

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西武をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ