BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

“43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい

フルカウント4月21日(金)7時10分
画像:“43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい
写真を拡大

異例の沈黙と直後の嘆息、古巣本拠地でのソロ弾に米テレビ局が粋な計らい

 マーリンズのイチロー外野手が19日(日本時間20日)、かつて本拠地としてプレーしたセーフコ・フィールドで劇的なソロ弾を放った。古巣マリナーズ戦に「9番・ライト」でスタメン出場し、9回の最終打席で今季初本塁打をマーク。2015年のマーリンズ移籍後、初の凱旋試合となったベテランの一発に会場は興奮に包まれた。その一戦を中継した地元テレビ局はその感動を伝えるために、実況と解説が約43秒間沈黙するという粋な計らいを見せた。

 最大のドラマは9回に待っていた。6点を追う状況でイチローが先頭で打席に立つと、マイアミでテレビ中継をした「FOXスポーツ・フロリダ」の名物実況のリッチ・ウォルツ氏は現役時代ドジャースで新人王を獲得した解説者のトッド・ホランズワース元外野手に「イチローです。あなたが指摘した通り、これがシアトルでプレーする最後の打席になるかもしれません。マーリンズは2011年以来、ここでの試合がありませんでした」と語りかけた。

 直後、イチローは右腕マーシャルの初球をフルスイング。右中間席に今季1号ソロを運んだ。この日の第2打席でもヒットを放っており、今季初マルチ安打。古巣凱旋試合3連戦の最終戦最終打席で見せた一打に、スタンドからは「イチロー・コール」が沸き起こった。

 ソロ弾の瞬間、実況のウォルツ氏も「イチローがライトに打った。深い。これは…入った! 彼がかっ飛ばした! イチローがホーマーだ!」と絶叫。しかし、テンションの高いマシンガントークで有名な同氏と、ホランズワース氏はイチローが二塁を回ったあたりで突然、沈黙した。

 立ち上がって拍手を送る観衆。スタンドで打球をキャッチし、ハイタッチする男性ファン。「男前」の特製ボードを掲げて喜ぶ日本人ファン。「イチメーター」の日米安打数を「4311」に変えるエイミー・フランツさん。

 テレビカメラが興奮する会場の様子を次々と映し出す中、クールにダイヤモンドを一周したイチローは一番打者のゴードン、ネクストバッターズサークルのプラドとグータッチすると右手を短く上げて、スタンドの観衆に「サンキュー」と感謝の気持ちを伝えた。ダグアウトの最前線ではマッティングリー監督らチームメートが祝福していた。

「何てドラマチックなんだ」「これ以上の脚本を書けますか」

 その間、実況と解説は一切、言葉を挟まなかった。異例の43秒間の沈黙とともにその情景を克明に映し出すことで、イチローの凱旋弾という最上級の“ドラマ”はさらなる感動を呼んだ。

 ゴードンが打席に立つと、ウォルツ氏は「何てドラマチックなんだ。ワオ」と吐き出し、ようやく沈黙を破った。

 ホランズワース氏も「(イチローは)驚いているんでしょうか? 私はそうは思いませんが。これ以上の脚本を書けますか?」と語り、「タイミングの問題だったのでしょう。スイングが戻ってきた実感を感じ始めているようです」と続けた。

 ウォルツ氏は最後に噛みしめるようにこう語った。

「セーフコ・フィールドでの最後の打席になる可能性があります。セーフコ・フィールドはイチローのキャリアで殿堂入りを確固たるものにした場所です。そこでイチローがホームランです」

 地元テレビ局の約43秒の沈黙という異例の計らいが、シアトルでのイチローの凱旋弾のドラマ性を一段と際立たせていた。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

関連ワード
イチローのまとめ写真 マーリンズのまとめ写真 マリナーズのまとめ写真 大リーグのまとめ写真

「イチロー」をもっと詳しく

注目ニュース
WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(2)菊池涼介はメジャー志望が芽生えた? アサ芸プラス4月24日(月)5時56分
さらにひどいのは、キューバとの開幕戦先発に抜擢されたロッテの石川歩(29)。2試合に先発して勝ち星はなく、専門家からは「体が突っ立ってしま…[ 記事全文 ]
新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由 NEWSポストセブン4月24日(月)11時0分
散り際が美しい桜の季節が終わっても、いまだ「満開」の成績を残す男たちがいる。いずれも、“老境”にさしかかった選手たちである。[ 記事全文 ]
ノクノイ、井岡に判定負け…連勝止まっても挑発的な言葉並べる スポーツ報知4月23日(日)23時6分
◆プロボクシング▽WBA世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦〇井岡一翔(3−0)ノクノイ・シットプラサート●(23日、エ…[ 記事全文 ]
快投のダルビッシュに同僚から絶賛の嵐「並外れていた」「サイ・ヤング賞も」 フルカウント4月24日(月)10時59分
手術後最長の8回113球を2失点で2勝目、チーム内から称賛の声続々「さらに良くなる」レンジャーズのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24…[ 記事全文 ]
羽生の投げキスに観客メロメロ 地声で「ありがとうございましたー!」 スポーツ報知4月24日(月)7時1分
フィギュアスケート世界選手権金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=が23日、世界国別対抗戦のエキシビションに参加。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 村上佳菜子が引退表明 国別対抗戦のエキシビションが最後の演技にスポーツ報知4月23日(日)15時6分
2 ノクノイ、井岡に判定負け…連勝止まっても挑発的な言葉並べるスポーツ報知4月23日(日)23時6分
3 大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(3)価値が下がらないうち譲渡アサ芸プラス4月23日(日)9時56分
4 羽生 エキシビジョンでしっとり アンコールは一転激しく 優勝日本は「PPAP」披露スポーツニッポン4月23日(日)18時18分
5 WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(2)菊池涼介はメジャー志望が芽生えた?アサ芸プラス4月24日(月)5時56分
6 羽生の投げキスに観客メロメロ 地声で「ありがとうございましたー!」スポーツ報知4月24日(月)7時1分
7 井岡は一発パス タパレス計量失敗にあきれ顔「プロとしてダメ」スポーツニッポン4月23日(日)7時8分
8 皇后さまが愛ちゃんにかけた言葉に、台湾ネット感動「心に響いた」=中国ネットからは「天皇は善良」の声もRecord China4月22日(土)13時20分
9 松井稼頭央が球史に名を残す大選手に 史上8人目の2000安打&200HR&200盗塁フルカウント4月23日(日)11時58分
10 樋口新葉 五輪代表争いへの覚悟「自分は今、崖っぷち」スポーツニッポン4月23日(日)10時28分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア