【MLB】田中将大には「武器がたくさんある」女房役が明かす、スプリット不調でも好投のワケ

4月21日(日)20時52分 フルカウント

今季最長となる7回を投げて4安打7奪三振1失点、開幕戦以来となる2勝目

■ヤンキース 9-2 ロイヤルズ(日本時間21日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は20日(日本時間21日)、本拠地で行われたロイヤルズ戦に先発し、開幕戦以来となる2勝目をマークした。今季5度目の先発登板で、7回4安打7奪三振1失点と好投し、ヤンキースは2連勝を飾った。

 この日の田中は武器であるスプリットのキレが今ひとつ。初回2つの四球を与えたが、自身の好フィールディングなどもあって無失点に切り抜けると、失点を6回のメリフィールドに浴びたソロの1点にとどめた。この日の投球を、女房役のオースティン・ロマイン捕手が絶賛。地元紙「ニューズ・デイ」が伝えている。

 2日(同3日)以来、今季2度目のバッテリーを組んだロマインは、記事内で「彼のスライダーはベリーグッド。マサには使える武器がたくさんあるんだ」と、スプリットだけでなく、スライダーなどの他の球種も武器になるとコメント。さらに「(今日の投球は)彼がどれだけ素晴らしいかを証明しているよ。彼は調子が良くなくても、僕たちに勝つチャンスをもたらしてくれるんだ」と絶賛している。ヤンキースはここ5試合を4勝1敗と好調。10勝10敗と勝率を5割に戻している。(Full-Count編集部)

フルカウント

「田中将大」をもっと詳しく

「田中将大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ