ホンダ、総合福祉展「バリアフリー2017」に「FREED+」車いす仕様車など出展

4月21日(金)13時2分 J-CASTニュース

バリアフリー2017に車いす仕様車など出展!

写真を拡大

ホンダは、2017年4月20日〜22日までインテックス大阪で開催される総合福祉展「バリアフリー2017」に「FREED+(フリードプラス)」の車いす仕様車などを出展する。


「Fun for Everyone.Honda〜移動の喜びを一人ひとりに〜」をテーマに、「FREED+」の車いす仕様車をはじめ、身体の状態に合わせてセレクトできる運転補助装置「Honda・テックマチックシステム」を搭載した「FIT HYBRID(フィットハイブリッド)」など様々な福祉車両や福祉機器を出展するという。



「FREED+」車いす仕様車は、コンパクトでありながら広大な室内空間を活用し、車いす利用者も含め最大6人の乗車が可能。コンパクトミニバン「FREED」シリーズならではの使い勝手の良い福祉車両を目指した。


その他、「Honda・テックマチックシステム」を搭載した「FIT HYBRID」や、16年度の軽四輪車新車販売台数第1位を獲得した「N-BOX(エヌボックス)」シリーズから「N-BOX+(エヌボックスプラス)」の車いす仕様車や、「STEP WGN SPADA(ステップワゴンスパーダ)」のサイドリフトアップシート車など、より多くの利用者に移動の喜びを提供するモデルを展示する。



さらに、加齢や疾病などで歩行能力が低下した人のリハビリをサポートする機器「Honda歩行アシスト」や障がいを持つ人の自動車運転再開をサポートする簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」を体験できるコーナーも設けるという。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

車いすをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ