BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【新潟vsFC東京プレビュー】新潟は前節・甲府戦で今シーズン公式戦初勝利…FC東京は大久保嘉人や髙萩洋次郎に復帰の可能性

サッカーキング4月21日(金)20時6分
画像:持ち前の推進力で中盤を活性化させる、新潟MFロメロ・フランク [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
写真を拡大
持ち前の推進力で中盤を活性化させる、新潟MFロメロ・フランク [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
■アルビレックス新潟 ボランチのロメロ・フランクが中盤を活性化

【プラス材料】
 今節のチームのプラス材料は、前節・甲府戦で今シーズン公式戦初勝利を挙げたことに尽きる。それもキャンプから時間を掛けてトレーニングを重ねてきたCKからルーキー原輝綺のプロ初ゴール、矢野貴章の復帰後初ゴールが生まれ、守ってはルヴァン杯含めて初めての完封だった。

 富澤清太郎とソン・ジュフンが初めてセンターバックコンビを組み、ボランチのロメロ・フランクがリーグ戦初先発と、流れを変えるためにさまざまな試みがなされ、そしてつかんだ勝ち点3の価値は決して小さくない。チームに推進力を与えていたのがロメロ・フランクだ。体の強さを生かしてボールを奪うと、自ら持ち上がる馬力と臆せず縦パスを通す強気を発揮。中盤を活性化させている。
 
【マイナス材料】
 前節・甲府戦は時間を掛けて練習しているCKから2得点、初勝利を初めての完封で収めるなどプラス材料が並ぶが、決して内容がパーフェクトだったわけではない。

 リードを奪ってからの試合運び、ゲームコントロールについては、精度と質をさらに高める必要がある。定石どおり、前掛かりになった相手にカウンターを仕掛け、チャンスを作り出した。甲府戦の後半早々には相手陣内でパスカットした山崎亮平が、素早くホニにスルーパス。快足を飛ばしたホニがDF、さらにGKもかわしながら、放ったシュートはポストに阻まれた。好機を確実にモノにし、自分たちの力で流れをたぐり寄せる。地力を付けていくことが浮上のカギだが、そのきざしをFC東京戦で見せられるか。

文:totoONE編集部

■FC東京 大久保嘉人と前田遼一の2トップの可能性も

【プラス材料】
 前節の浦和は0−1で敗れたものの、戦う姿勢や球際の勝負でまさり、浦和を押し込んだことはポジティブな要素だ。この戦いをチームの最低限のベースとし、今後は勝ち点3につなげることが求められている。

 ここにきて大久保嘉人、河野広貴をはじめ、故障者が次々とピッチに復帰。髙萩洋次郎はベンチ入りが見込める状態まで回復している。ピータ・ウタカ、米本拓司に関して、篠田善之監督は「まだ時間が必要」と慎重な姿勢を崩さなかったが、けが人の復帰は、メンバーの選択肢の幅を広げる意味でも明るい材料だ。

 練習では、さまざまな攻撃陣の組み合わせにトライし、大久保(嘉)と前田遼一の2トップの可能性も。前田は、起点としての役割や守備の献身性が特徴だが、自身は「(大久保)嘉人のスピードも生かしたい」と話し、2人の連係プレーにも期待がかかる。

【マイナス材料】
 前節の浦和戦は攻め込む途中でボールを失い、相手の少ない手数で隙を突かれ、それが失点に直結した。攻撃面では、今季2度目の「無得点」に。そのため、カウンター対策の徹底と、フィニッシュを含めて前線での精度を高めることは急務と言えるだろう。

 シーズン初の2連敗を喫し、森重真人は「どうしても勝たなければいけないゲーム」と、今節を位置づける。新潟の2トップを起点とした攻撃に対して、「自分たちのパス回しや攻撃に意識が傾きすぎると、新潟の思うつぼになる。自ら、みすみすカウンターを受けるような戦い方をしてはいけない」と警戒を強める。さらに「強固な守備をベースとし、そこから良い形で攻撃につなげたい」と続け、前線からプレスをかけ、ショートカウンターを仕掛けていく狙いだ。

文:totoONE編集部
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「新潟」をもっと詳しく

注目ニュース
中日、20戦目で先発投手初白星 39歳“おじいちゃん”が快投 スポーツニッポン4月24日(月)6時8分
◇セ・リーグ中日1—0DeNA(2017年4月23日横浜)無尽蔵のスタミナを誇る「おじいちゃん」が、記録を止めた。[ 記事全文 ]
羽生 エキシビジョンでしっとり アンコールは一転激しく 優勝日本は「PPAP」披露 スポーツニッポン4月23日(日)18時18分
フィギュアスケートの世界国別対抗戦のエキシビジョンが23日、東京・国立代々木競技場で行われ、3大会ぶりに優勝した日本のエース羽生結弦(22…[ 記事全文 ]
井岡 世界戦14勝の日本タイ記録「自分だけの記録ではない」 スポーツニッポン4月23日(日)21時38分
◇WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦○王者・井岡一翔判定3—0同級2位ノクノイ・シットプラサート●(2017年4月23日エディオンア…[ 記事全文 ]
大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(3)価値が下がらないうち譲渡 アサ芸プラス4月23日(日)9時56分
そもそも大谷の今オフ移籍には、大きな障害が発生していた。昨年末にMLB(米メジャーリーグ機構)がメジャー全30球団に対し、新労使協定の海外…[ 記事全文 ]
村上佳菜子が引退表明 国別対抗戦のエキシビションが最後の演技に スポーツ報知4月23日(日)15時6分
フィギュアスケートのソチ五輪代表の村上佳菜子(22)が23日、引退を表明した。世界国別対抗戦のエキシビションに登場。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 村上佳菜子が引退表明 国別対抗戦のエキシビションが最後の演技にスポーツ報知4月23日(日)15時6分
2 張本勲氏「審判が下手になったね」緒方監督退場劇に日刊スポーツ4月23日(日)9時6分
3 井岡は一発パス タパレス計量失敗にあきれ顔「プロとしてダメ」スポーツニッポン4月23日(日)7時8分
4 皇后さまが愛ちゃんにかけた言葉に、台湾ネット感動「心に響いた」=中国ネットからは「天皇は善良」の声もRecord China4月22日(土)13時20分
5 樋口新葉 五輪代表争いへの覚悟「自分は今、崖っぷち」スポーツニッポン4月23日(日)10時28分
6 大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(3)価値が下がらないうち譲渡アサ芸プラス4月23日(日)9時56分
7 羽生 エキシビジョンでしっとり アンコールは一転激しく 優勝日本は「PPAP」披露スポーツニッポン4月23日(日)18時18分
8 松井稼頭央が球史に名を残す大選手に 史上8人目の2000安打&200HR&200盗塁フルカウント4月23日(日)11時58分
9 錦織、右手首痛でバルセロナ・オープン欠場 アプリで「凄く残念」スポーツニッポン4月23日(日)0時38分
10 羽生結弦「今は考えてない」平昌五輪以降の進退白紙日刊スポーツ4月23日(日)5時1分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア